English
講座紹介文

  • 2017年1月 Karim Pacheco君のD論の一部がGeophysical Journal International. 誌に受理されました。
    Karim Pacheco, Takeshi Nishimura and Hisashi Nakahara, Seismic velocity changes of P and S waves associated with the 2011 Tohoku-Oki earthquake (Mw9.0) as inferred from analyses of repeating earthquakes
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 平成29年3月15日(水)午後1時00分より東北大学理学部(青葉山キャンパス)にて平成30年度大学院入試(平成29年度実施)の説明会が開催されます。 詳しくはこちらをご覧下さい。

  • 次世代火山人材育成コンソーシアム構築事業(東北大学,代表機関)の プログラム開校式を2月11日(土)に理学部青葉サイエンスホールで開催します。 詳細についてはこちらをご覧ください。
    次世代火山研究・人材育成総合プロジェクト
    火山研究人材育成コンソーシアム構築事業

  • 12月12日(月)
    横浜市大の吉本和生教授のセミナー「Amplitude fluctuation of seismic waves in heterogeneous crust」が開かれました。

  • 11月29日(火)
    JSPS外国人招聘研究者として1か月間講座に滞在したLuca DE SIENA博士 (アバディーン大学,スコットランド)のセミナー 「Imaging volcanoes and volcanics with seismic energy loss: from subduction zones to oil & gas sub-basaltic fields」が開かれました。

  • 11月14日から18日に、イタリア・フィレンツェ大学を高野(D1), 小園、西村が訪問しました。 ストロンボリ火山の活動、噴火ダイナミクス、地震波干渉法に関する研究について議論してきました。

  • 2016年10月13-15日 日本火山学会2016年秋季大会が富士吉田市民会館・ふじさんホールで開催されます.当研究室からは6件の発表を行います. 発表リストはこちら

  • 2016年10月5-7日 日本地震学会2016年秋季大会が名古屋国際会議場で開催されます.当研究室からは4件の発表を行います. 発表リストはこちら

  • 次世代の火山研究者の育成を進める人材育成コンソーシアム構築事業を、 東北大学(代表機関)、北海道大学、山形大学、東京大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、防災科学技術研究所、 産業総合科学研究所、気象研究所、国土地理院と協力して、進めることとなりました。 詳しくはこちらをご覧下さい。

  • 2016年7月 災害軽減に貢献する地震噴火予知計画やインドネシア、イタリアとの共同研究で実施されてきた地震観測データにもとづく論文が、Earth, Planets and Space誌に掲載されました。
    Nishimura, T., M. Iguchi, M. Hendrasto, H. Aoyama, T. Yamada, M. Ripepe and R. Genco,
    Magnitude-frequency distribution of volcanic explosion earthquakes, Earth Planets Space, 68:125, doi:10.1186/s40623-016-0505-2, 2016.
    詳しくはこちらをご覧ください。

pagetop